平成29年5月7日 荒らしが再発したため、匿名編集を制限しました。編集依頼やアカウント作成依頼はburaku[at]protonmail.chまで。

平成30年9月23日 システムの複雑化とCloudflare Onion Serviceの導入に伴い、編集用onionURLに関しては順次廃止します。今後は同和地区.comから直接編集を行っていただくことが可能です。

岡山県

提供: 同和地区Wiki
移動先: 案内検索

概況

岡山県の被差別部落の統計

調査年 地区数 戸数 人口
1907年 278 7501 37699[1]
1918年 345 8762 40870[2]
1921年 297 8806 42895[3]
1922年 564 8448 42371[4]
1929年7月 375 - 約45000[5]
1935年 373 9772 48430[6]
1942年 - 6625 32137[7]
1946年 - - 52650[8]
1958年 411 12621 59007[9]
1963年 348 19520 地区全体85679、同和関係58635[10]
1967年 275 地区全体17404、同和関係12314 地区全体69669、同和関係49399[11]
1971年 270 地区全体15828、同和関係12913 地区全体59192、同和関係48345[12]
1975年 283 地区全体21114、同和関係15826 地区全体72253、同和関係55835[13]
1985年 295 地区全体21520、同和関係16049 地区全体73814、同和関係56687[14]
1993年 295 地区全体26203、同和関係14304 地区全体73129、同和関係41986[15]

金原瑞人(翻訳家で法政大学教授。芥川賞作家金原ひとみの実父)は父が部落出身の靴屋であることを公表している[16]。金原姓は2000年電話帳で小田郡矢掛町矢掛に5件あり、矢掛町矢掛野呂には確かに部落があるものの、金原の父の出身地区かどうかは定かでない。

小林軍治(1937年9月22日満州生まれ。岡山県立勝山高校・玉野市立備南高校・岡山県立岡山南高校の元教諭、日本共産党員、日中友好協会岡山支部副理事長、中国残留孤児国倍訴訟を支える岡山の会事務局長、岡山部落問題研究所理事)・小林健治(1950年12月13日生まれ。部落解放同盟東京都連合会品川支部を除名、解放出版社元事務局長、にんげん出版代表)兄弟の実家は岡山市北区岡町[17]。父の小林光雄は岡山県高梁市高倉町田井の出身である[18]

難波英夫(部落解放同盟東京都連合会執行委員、同台東支部長)の生誕地は高梁市成羽町上日名551番地だが、難波は部落出身ではなく一般民の小学校長の息子[19]。「私には部落問題について発言する資格が無い」、「私には、部落に生れ、部落で育ち、部落で生活している六千部落、三百万の人々の悩み、憤り、要求、決意については、こうもあろうかと想像するだけである。少しもわかってはいない。その点では、私は差別されている皆さんに、差別者の一人として、言うべき言葉さえ知らぬのである」と、発言している[20]

「美作の『革多総頭』貝阿弥家の祖は、『貝阿弥系図』によると、備前国金川の城主松田元成の被官安藤福阿弥の養子である安藤貝阿弥(友国)であるという。松田家が滅亡した永禄一一年(一五六八)以後かれは諸国を流浪したが、後に美作の大久保村の権助宅に逗留し、そのまま同村に定住し安藤姓を捨て貝阿弥九郎左衛門と称した。やがて天正年間(一五七三~一五九一)の頃小早川左衛門佐(隆景)から『美作国屠者惣頭并□其他□人等が類取締り御仕置方』仰付られ、給米二六石を賜った。これが『革多惣頭』の最初である」と、『備作地方の被差別部落の展開』(柴田一『近世部落の史的研究 下巻』(部落解放研究所編、解放出版社、1979)所収)にある。全国水平社美作協議会に具阿弥光明、具阿弥治郎吉、具阿弥岸松の名があり[21]、1931年6月20日、全国水平社の集団暴力事件に絡み岡山地裁で懲役4月・執行猶予3年の有罪判決を言い渡された者に「久米郡三保村大字錦織 具阿弥村右衛門」の名があるが[22]、貝阿弥の誤植と思われる。貝阿弥(かいあみ)は、久米郡美咲町が最多の稀姓。貝阿彌健(札幌地裁判事補)、貝阿彌誠(東京地裁所長)、貝阿彌千絵子(福岡地裁判事・福岡家裁判事・福岡簡裁判事)、貝阿彌亮(福岡高裁判事・福岡簡裁判事)の4人の判事がおり、親族と思われる。

井原市の花野地区(現・井原市七日市町)は『全國部落調査』に記載がないが、江戸時代末に山番として井原市の神代地区から花岡姓の者が来住したのが起源と伝える[23]。また、1902年頃には、井原市の神代地区から荒川姓の者が、広島県の芦品郡から岡田姓の者が来ている[23]。同地に以下の姓の者がいた[23]

  • 荒川(5人)
  • 井沢
  • 花岡
  • 房野
  • 藤原

「申立人の居住する○○市においては『○○』の姓は特殊部落出身者の表象」。1966年11月1日に岡山家庭裁判所高梁支部で、「○○」を「小山」と変更することを許可する判決が出された。合併前の村で村会議員を2期務めた者で、改姓の際には似た姓にしたとする。また、本来は違いながら、同和地区出身者と見られることを嫌悪しての改姓の可能性もありうると解説している[24][25]

旧・英田郡江見町(現・美作市の芦河内、岩辺、江見、江見吉田、大内谷、上福原、川北、瀬戸、田原、豊野、鯰、南海、原、日指、藤生、松脇、山城)には18地区があったと同町出身の岡映は述べている[26]。『全國部落調査』では現・美作市に15地区が計上されているので、少なくとも3地区の記載漏れがあるといえる。

旧・上房郡上水田村字皮田前(現・真庭市上水田字皮田前)には皮田橋という橋があったが、皮田前の地名は『全國部落調査』に記載がない。

文献

全國部落調査(1935年)

岡山縣 昭和十年二月現在

182頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
岡山市 奥田、二日市 奥田、二日市 四二 二〇六 農業 行商 岡山市 北区 奥田本町、二日市町
〃 岩井 国守 二一七 一一二二 農、日稼 日稼 岡山市 北区 葵町、関西町
〃 〃 宮浦 二二 一一〇 日稼 商業 岡山市 北区 岩井宮裏
〃 下内田 楮畑 九四 四八九 農、職人 商、日稼 岡山市 北区 下内田町 1878年に楮畑を下内田に編入。楮畑地区では、岡山県の各地区の住民が集まっていたとしており、以下の姓の者がいた。今川、川合、川ノ上(かわのかみ。他に読みあり。広島県尾道市が最多の稀姓)、才本(さいもと。京都府与謝郡与謝野町が最多で、岡山市が2位の稀姓)、正司(3人)、田鶴原(たつるはら。他に読みあり。倉敷市が最多の稀姓)、千田(2人。「ちだ」か)、中田、花田、林、東、真砂(2人)、本原、森本[27]。同地にあった岡南水平社に河井姓の者がいた[28]
〃 網浜 網浜 二四 八六 農業 日稼 岡山市 中区 旭東町 旧称、花畑。正確には大字花畑の西部。「現今の東西両中島町尻の中間磧に多数の非人乞食輩が矮小なる藁小屋を設けて棲息せしが明治五六年の頃漸次御花畑たりし竹藪の辺りに移り約三十戸の藁小屋を掛けて居住するに至れりと云ふ因に中島町尻の磧は今尚『ホイトウ』島と称し居れり」[29]

183頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
岡山市 網浜 西山 四三 二二四 商、農 日稼 岡山市 中区 平井1丁目の一部 奥聖寺の西側にあたる。
〃 津島 西阪 二八 一〇〇 岡山市 北区 津島西坂
〃 〃 日焼 二二 一〇六 農業 運搬、日稼 岡山市 北区 伊島町3丁目の一部
〃 浜 九四 四五三 農、運搬業 日稼 岡山市 中区 浜 別名、浜川原。「浜川原は、香川や広島県の東部地方から移住して来た人びとによって形成された新しい部落で、その成立の歴史は浅く、河砂利の採取などを業として生計を立てていた」[30]
〃 宇野 西河原 六〇 二九五 日稼、商 農業 岡山市 中区 西川原
〃 〃 竹田 一〇一 五七二 農業 商業 岡山市 中区 竹田 岡山市中区にあたる岡山市竹田にあった竹田水平社に中塚姓の者がいた[31]。同地に以下の姓の者がいた。今廻(「いまめぐり」か。現存するか不明の稀姓)、高森、藤井[32]
〃 〃 國富、西町 四三 二三〇 商、日稼 岡山市 中区 国富
〃 岡 六五 二七〇 岡山市 北区 岡町 小林健治の出身地区。小林姓2件。2000年電話帳。
〃 〃 青地 二〇 一〇二 日稼 岡山市 青地の位置は要調査。岡山市北区と南区にまたがる青江の誤記の可能性あり。
〃 〃 櫻橋 四五 二〇〇 農業 日稼 岡山市 中区 桜橋
倉敷市 白倉敷 二八 一五一 倉敷市 白楽町 白倉敷は白楽市(ばくろういち)の誤記か。1935年に白楽市が白楽町、老松町、田ノ上に改称。
〃 大島 大島 一四 九一 倉敷市 大島
〃 名田 名田 二八 一六四 倉敷市 新田 名田は新田2229近辺にあった地名。新田に名田交差点あり。名田地区では、火葬場の設置をめぐる対立から1931年4月29日に襲撃事件に発展しており、事件に関係した以下の姓の者がいた[33]。池元、大山、片山。
津山市 川崎、宮ノ谷 宮ノ谷 四四 二一一 津山市 川崎 宮ノ谷 津山市川崎78-17に稲葉浩志の実家「いなば化粧品店」あり。
〃 野介代 宇方谷 二五 一二〇 津山市 野介代 字宇才谷 部落名は宇才谷の誤記。野介代字宇才谷の読み方は「のけだ あざ うさいだに」。
〃 總社 西總社 九六 四六一 農業 商、日稼 津山市 総社 1932年5月9日に神戸地方裁判所で判決を受けた津山市総社出身の以下の者がいた[34]。秋元、西田。秋元姓15件、大成姓4件。2000年電話帳。
〃 二宮 大那 二七 一二九 日稼 津山市 二宮 大那

184頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
津山市 二宮 俵田 二七 農業 日稼 津山市 二宮 俵田
〃 横山 東横山 一五一 七二八 農、商 津山市 横山あるいは八出 東横山集会所が八出574–1にある。岡映によると「津山市の横山(約400戸程ある)は、『部落のなかの部落』と陰口をされてはきたが、いわゆる『行路病者』の行き倒れがいまだ一人もないという」[35]
〃 〃 南横山 二〇 九六 農、雑 津山市 横山 南横山集会所が横山969-2にある。
〃 八出 東八出 二五 一〇八 農業 日稼 津山市 八出 八出の読み方はヤイデ。津山市中央公民館東八出分館が八出669-3にある。津山市八出の融和改善運動家に以下の姓の者がいた[36]。村上、柳。
〃 〃 西八出 五三 二五四 津山市 八出 津山市中央公民館西八出分館が八出996-2にある。
〃 院ノ庄 九段畑 四四 二一一 津山市 院庄 院ノ庄は院庄の誤記。フリガナはインノショウ。院庄に政本姓10件。2000年電話帳。
〃 〃 毘沙門 三〇 一四四 津山市 院庄 同上。小字に毘沙門前や毘沙門西がある。
〃 〃 山根 二九 一三九 津山市 院庄 同上。津山市院庄公民館神戸山根分館が神戸147−2にある。
〃 神戸 北神戸 四一 一九八 商、日稼 津山市 神戸 神戸の読み方はシンゴ。1932年5月9日に神戸地方裁判所で判決を受けた津山市神戸出身の西山姓の者が2人いた[37]。西山姓4件。2000年電話帳。
御津郡 新山村 福沢 イノ木 一五 日稼 加賀郡 吉備中央町 福沢 地元の河川に猪木川あり。
〃 〃 隂部 一四 加賀郡 吉備中央町 福沢
〃 〃 加賀郡 吉備中央町 福沢
〃 横井村 富原 松崎 一六六 八四九 農、商 岡山市 北区 富原 松崎 岡山市北区富原に以下の姓の者がいた。上田、大治(おおじ。他に読みあり。岡山市が最多の稀姓)、影山、近藤[38]。富原に大治姓14件、景山姓3件、影山姓5件、金見姓5件、光森姓26件。2000年電話帳。
〃 建部村 西原 丘富 三一 一六五 農業 岡山市 北区 建部町西原 34.832380, 133.897306にバス停「丘富作業場」があった。西原教育集会所が西原294-3にある。岡山市北区(旧:御津郡建部村)にあった建部水平社に江田姓の者がいた[39]。江田姓16件。2000年電話帳。江田三郎の実家も建部町だが小字は福渡。
〃 牧山村 中牧 十谷 二〇 漁業(淡) 岡山市 北区 御津中牧 十谷 読み方は「みつなかまき とたに」。
〃 宇甘東村 高津 段平 三三 農業 淡漁 岡山市 北区 御津高津 宇甘東村の読み方は「うかいひがしそん」。
〃 津賀村 高谷 大高下 二四 一一八 日稼 加賀郡 吉備中央町 高谷 字大高下 高谷字大高下の読み方は「たかや あざ おおこげ」。鎌坂姓6件。2000年電話帳。

185頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
御津郡 津賀村 竹部 投打 四六 二三五 農業 日稼 加賀郡 吉備中央町 竹部 投打共同作業場が34.831992, 133.769391にある。鎌坂姓4件、鴨崎姓8件。2000年電話帳。
〃 〃 上賀茂 横路 四一 加賀郡 吉備中央町 上加茂
〃 〃 〃 上坂 三五 加賀郡 吉備中央町 上加茂 上加茂875近辺にあたる。
〃 〃 〃 百々部 一三 五六 加賀郡 吉備中央町 上加茂 百々
〃 長田村 松尾 一三 加賀郡 吉備中央町 松尾は下土井の小字「高尾」の誤記の可能性あり。
赤磐郡 髙陽村 河本 石ヶ坪 一三 七五 赤磐市 河本 石ヶ坪
〃 〃 〃 下市 一一 赤磐市 下市
〃 笹岡村 小原 坂本 三三 一八〇 行商 赤磐市 小原 赤坂教育集会所がある小原1675番地5近辺に該当。
〃 〃 〃 矢坂 二六 一六二 赤磐市 大屋 34.828898, 134.033335近辺。
〃 周速村 周速 杵築 一二 六八 赤磐市 周匝 周速村は周匝村(すさいそん)の誤記。周匝に清親姓6件。2000年電話帳。
〃 〃 〃 中村 六五 三九八 赤磐市 周匝 中村 同上。岡映の従兄の松村勇一家の居住地[40]。松村姓5件。2000年電話帳。
〃 仁堀村 仁堀中 五三 赤磐市 仁堀中
〃 〃 中勢実 室御所 五二 赤磐市 中勢実 34.899841, 134.017722にバス停「室御所口」あり。
〃 五城村 矢原 二六 二三九 行商 岡山市 北区 御津矢原 谷 鳩場姓10件。2000年電話帳。
〃 豊田村 西光寺 西 三二 一五四 赤磐市 円光寺 西光寺は円光寺の誤記。現・赤磐市多賀に西光寺という寺はあるものの、旧・赤磐郡豊田村内ではない。
〃 小野田村 沢原 青木 一四 六七 赤磐市 沢原 34.801159, 134.088791に青木共同作業所がある。
〃 可眞村 可眞下 土井谷 二九 一二六 赤磐市 可真下 土井谷 土井谷は可真下(かましも)公会堂の付近にあたる。大橋姓6件[41]。2000年電話帳。

186頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
赤磐郡 竹枝村 吉田 大上 一四 農業 岡山市 北区 建部町吉田 大上
和氣郡 香登町 香登 西奥 四〇 一九五 備前市 香登西 香登西744-1に西奥公民館あり。「和気郡備前町香登西奥部落では、秀家の家来の長船紀伊守が朝鮮征伐の際に連れて行った香登西村の長吏六助という者が現在の部落の先祖であるという」[42]。備前市香登西の地区に関する記述。秀家は宇喜田秀家。全解連の備前市協女性部に以下の姓の者がいた。紀井(2人。きい。愛媛県四国中央市が最多で、備前市が2位の稀姓。上記の長船紀伊守の紀伊からか)、西山、山下[43]。紀井姓15件。2000年電話帳。
〃 伊部町 伊部 田井山 一六 九一 備前市 伊部 バス停「田井山」あり。田井山教育集会所が伊部1318-7にある。
〃 片山町 東片上 大渕 二三 一一八 備前市 東片上 片山町は片上町の誤記。東片上673-4に大渕簡易郵便局あり。初治姓7件、草加姓30件。2000年電話帳。
〃 伊里村 麻宇那 畑ヶ谷 九〇 二六〇 備前市 麻宇那 字畑ヶ谷 麻宇那の読み方は「あそうな」。麻宇那に山端姓12件。2000年電話帳。
〃 〃 〃 狹間 二四 一八一 備前市 麻宇那 祇園神社や磐井神社、稲荷神社、麻宇那大師堂が集まる谷間の部落が狹間地区にあたる。
〃 英保村 吉永中 荒木 三二 備前市 吉永町吉永中
〃 藤野村 藤野 坂本 一一〇 四四一 和気郡 和気町 藤野 坂本 藤野会館が藤野1709にある。三好伊平次の出身地区。「三好は、明治六年岡山県和気郡藤野村坂本に、早瀬(のち三好に改姓)家の三男として生まれた。関ヶ原の合戦に敗れた戦国武将の流れを汲むといわれる富裕な地主一族の家柄である」[44]。早瀬家は和気郡に名を轟かせる資産家だったとする。「『大谷刑部義隆の武将で早瀬茂次郎勝平が私の祖先です』」[45]。三好伊平次が教師から祖先について聞かれた際の発言。大谷刑部義隆は、越前の敦賀城主だった大谷吉継の別名である大谷吉隆のことか。同地は、1467年から1468年(応仁年間)に当瀬彌十郎という者が来住したのが起源で、1600年(慶長5年)には、関ヶ原の戦いの敗将である早瀬才茂九郎勝高が落ちて来たと伝える。ただし、この武将の名前は上記と異なっている。当瀬(とうせ)は、和気郡和気町が最多の稀姓。同地に他に以下の姓の者がいた。早瀬(2人)、藤田、三好[46]。藤野に当瀬姓25件、早瀬姓35件、三好姓3件。2000年電話帳。
〃 本荘村 衣笠 塔田 一三 五三 日稼 和気郡 和気町 衣笠 別名は稲坪。衣笠491−2に稲坪公会堂がある。和気町衣笠教養館が衣笠725番地にある。
〃 〃 〃 西森 二七 一一二 和気郡 和気町 衣笠 衣笠928-5に和気町西森教養館がある。
〃 日笠村 日笠下 下山崎 一九 一〇一 和気郡 和気町 日笠下 下山崎 和気町日笠下集会所が日笠下1034番地2にある。
〃 塩田村 塩田 䕃ノ平 三九 和気郡 和気町 塩田
邑久郡 今城村 福山 二一 一二二 日傭 瀬戸内市 邑久町福山 川部姓25件。2000年電話帳。
〃 福田村 福中 山浦 五五 二六五 瀬戸内市 邑久町福中 瀬戸内市邑久町福中の融和運動家に浅川姓の者がいた[47]
〃 大宮村 宿毛 北部 一二四 六六〇 岡山市 東区 宿毛 「現在の地名は、『宿毛(しゅくも)』」ですが、古くは、『羽能村』・『羽納』と呼ばれていました。『宿毛』の住民の名字で、『羽納さん』、『羽村さん』、『羽原さん』という姓の方がいますが、『羽能村』との関係から付けられた伝統の姓と考えられます」[48]。岡山市東区宿毛に関する記述。宿毛の旧名の羽野から「羽」の字を使用した姓あり。羽崎姓21件、羽沢姓1件、羽藤姓1件、羽納姓4件、羽原姓4件、羽村姓6件、羽本姓1件。2000年電話帳。
〃 美和村 飯井 西村 四〇 一三六 行商 瀬戸内市 長船町飯井 西村 瀬戸内市の部落解放同盟美和支部長に柿崎姓の者がいた[49]。飯井に福池姓22件。2000年電話帳。
〃 〃 東須恵 井尻 二〇 一〇〇 瀬戸内市 長船町東須恵 井尻 初治姓11件。2000年電話帳。

187頁

1895~1897年の国土地理院地図にみる四軒屋と五軒屋。前者は升田に、後者は豊田に属していることがわかる。
部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
邑久郡 国府村 服部 九軒屋 五五 農業 日傭 瀬戸内市 長船町服部 「国府村服部」という地名が存在したことは確認できない。国府村と行幸村は隣接していたが、同じ長船町になる前から「服部」という大字と「九軒屋」という小字が一致しているのは奇妙である。複数の自治体にまたがる部落もあるが、この場合は原典の誤記の可能性が高い。
〃 行幸村 服部 九軒屋 一三 五八 瀬戸内市 長船町服部 九軒屋東という小字は現存する。
〃 豊村 川口 二五 岡山市 東区 西大寺川口
〃 玉津村 尻海 三堂 一〇 一九 瀬戸内市 邑久町尻海 尻海の読み方は「しりみ」。
〃 本庄村 本庄 一一 瀬戸内市 邑久町本庄
〃 〃 佐井田 瀬戸内市 邑久町本庄 佐井田 バス停「佐井田」あり。
上道郡 幡田村 今谷 長谷 一四 七四 農業 日傭 岡山市 中区 今谷 幡田村は幡多村の誤記。長谷は現在の百間川霊苑(今谷276-1)近辺にあった小字だが、現在は民家なし。移転あるいは消滅した部落? 1975年1月31日撮影の航空写真では34.670822, 133.984944あたりに複数の民家らしきものが確認できる。
〃 財田村 神下 一五九 八〇六 岡山市 中区 神下 神下(こうした)378-3に岡山市渋染一揆資料館がある。岡山県水平社委員長の三木静次郎の出身地区。熊沢姓9件。三木姓6件。2000年電話帳。
〃 〃 長岡 乙多見 三五 一五四 岡山市 中区 乙多見 乙多見の読み方は「おたみ」。
〃 玉井村 笹岡 東谷 四二 二〇七 岡山市 東区 瀬戸町笹岡 岡山市東区(旧:上道郡玉井村)に以下の姓の者がいた。岡崎、小栗、速水[50]。上記の3人は、渋染一揆の指導者の子孫だった[51]。岡崎姓9件。2000年電話帳。
〃 御休村 一日市 二八 一三九 岡山市 東区 一日市 一日市の読み方は「ひといち」。
〃 雄神村 久保 馬場 七〇 三一二 岡山市 東区 久保670近辺 「旧西大寺市久保の馬場部落の場合は、直家が窪八幡宮の宮番として塚本という姓の人を置き、それが今の部落のもとになった」[52]。岡山市東区富崎の地区に関する記述。直家は宇喜田直家。
〃 〃 山田 三七 一五四 岡山市 東区 久保 山田 34.668384, 134.043778の墓地の近辺。
〃 西大寺町 金山 三六 岡山市 東区 西大寺上 西大寺上1-19-10の金山八幡宮の近辺。
〃 津田村 升田 五軒屋 二九 一三一 岡山市 東区 升田 四軒屋の誤記。34.61982 134.00722近辺。
〃 九幡村 豊田 五軒屋 二七 岡山市 東区 豊田 34.61869 134.01054近辺が五軒屋にあたる。
邑久郡 玉津村 尻海 ■谷 瀬戸内市 邑久町尻海 ■は女偏に「室」あるいは「宝」と読める。

188頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
上道郡 九幡村 九幡 一八 一〇三 農業 漁業 岡山市 東区 九蟠
児島郡 赤碕町 赤崎 (転在) 一二 倉敷市 児島赤崎
〃 福田村 浦田 浦田 一六 七五 倉敷市 福田町浦田
〃 粒江村 黒石 黒石 日傭 倉敷市 黒石
〃 〃 粒浦 粒浦 倉敷市 粒浦
〃 藤戸町 天城 向田 倉敷市 藤戸町天城 向田
〃 郷内村 林 七三 五〇一 倉敷市 林 「この熊野神社のある南西五〇〇メートルのところに天満山があり、その山の麓に被差別部落の集落『熊坂』が田園地帯に広がっています。およそ二〇〇世帯の村ですが、この村の住民の姓は、熊野に関係していると思われる字を使っています。『熊』・『熊谷(くまがい)』『熊本』・『木村』、『紀村』などがあり、『熊野』の『熊』と、『紀州』の『紀』の字を用いたものと考えられます」[53]。和歌山県・三重県南部(旧:紀伊国)の熊野から来たとする伝承あり。木村姓14件、紀村姓11件、熊姓4件、熊谷姓2件、熊本姓8件。2000年電話帳。
〃 〃 下野 下野 五七 倉敷市 児島下の町
〃 荘内村 長尾 北浦組 四三 玉野市 長尾 北浦集会所が長尾700-1にある。
〃 甲浦村 北浦 土居 三四 一五一 岡山市 南区 北浦 池の東側の34.58415 133.9675近辺が土居にあたる。
〃 小串村 阿津 阿津 岡山市 南区 阿津
〃 鉾立村 番田 門田 玉野市 番田
〃 山田村 原 無勤院 一八 玉野市 山田 無勤院は無動院の誤記。無動院は玉野市西田井地と玉野市山田の境界線上にある。
〃 宇野町 田井 川尻 二一 玉野市 田井 川尻公園が玉野市田井3丁目5699にある。
〃 〃 宇野 イワエ 玉野市 宇野 この地元には礁と書いてソワエと読ませる地名が多い。ソワエの誤記の可能性あり。
〃 〃 〃 片山 玉野市 宇野
〃 日比町 和田 天皇田 三〇 一五一 日傭 玉野市 和田 和田6丁目6の荒神宮の近くが天皇田(てんのうでん)にあたる。

189頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
児島郡 日比町 和田 新檀保 一三 六〇 農業 日傭 玉野市 和田
〃 〃 日比 北之町 一六 四七 玉野市 日比 北ノ町児童遊園地が日比1丁目1079番地4にある。
〃 蓼浦町 山田ノ口 倉敷市 児島田の口
〃 児島町 中津山 三五 一八七 倉敷市 児島稗田町 中津山
〃 灘崎村 迫刈 岡山市 南区 迫川 迫刈は迫川の誤記。
〃 〃 彦崎 岡山市 南区 彦崎
〃 本荘村 宇野津 コイト 一二 倉敷市 児島宇野津
都窪郡 加茂村 葱瓜 西村 二〇 一一〇 行商 岡山市 北区 惣爪 葱瓜は惣爪の誤記。西ノ村とも表記。34.67038 133.83326近辺。
〃 中庄村 徳芳 東徳芳 一二八 六三二 漁業、花筵 倉敷市 徳芳 全国水平社執行委員の大森農二の出身地区で、大森の本籍地ならびに出生地は徳芳197番地[54]。大森姓25件、景山姓34件、木元姓14件。2000年電話帳。
〃 帶江村 大羽 青木 二〇 一〇〇 運搬 倉敷市 羽島 羽島青木山天満宮の付近。
〃 中洲村 酒津 十明 三〇 一〇五 花筵 倉敷市 酒津 十明
〃 〃 水江 往來南 二〇 養蚕 倉敷市 水江 往来南
〃 〃 酒津 小黒田 四一 倉敷市 酒津 小黒田
〃 菅生村 子位庄 西村 二八〇 一二九〇 行商 倉敷市 宮前、青江 永昌寺や地神宮、日本共産党倉敷地区委員会を中心とする、川にまたがる地区。
〃 清恩村 三因 天神 二五 八二 日傭 総社市 清音三因 清恩村は清音村の誤記。34.650733, 133.754104の天神社の付近。
〃 常盤村 中原 植村 五七 二三六 総社市 中原 植村は上村の異表記あるいは誤記。34.67051 133.72917付近。総社市中原会館が中原1005番地6にある。
〃 〃 眞壁 下村 二九 一二九 行商 総社市 真壁 下村 34.66886 133.73342付近。

190頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
都窪郡 常盤村 眞壁 八神 一二 五二 農業 行商 総社市 真壁 八神
〃 三須村 上林 西原 六〇 三〇〇 日傭 総社市 上林 西原は34.67898 133.77578付近。津神姓6件、鷺原姓8件。2000年電話帳。
〃 〃 下林 高山 二〇 一〇〇 総社市 下林 高山
〃 豊洲村 中帶江 八反田 一一 倉敷市 中帯江
〃 庄村上東 北村 二五 一四六 倉敷市 上東 34.64655 133.83169付近に東村があり、34.64675 133.82856付近に中村があった。
〃 〃 矢部 五〇 倉敷市 矢部
〃 〃 日富 西山 四五 倉敷市 日畑 西山 日富は日畑の誤記。
〃 〃 〃 向ヒ 三〇 倉敷市 日畑 同上。
〃 〃 西尾 天神下 倉敷市 西尾
〃 〃 山地 一一 倉敷市 山地
〃 〃 下庄 陰村 一五 倉敷市 下庄
〃 妹尾町 妹尾 三〇 九六 岡山市 南区 妹尾
〃 〃 笙島 一七 三〇 岡山市 南区 箕島 笙島は箕島の誤記。
浅口郡 玉島町 柏島、玉島 大谷 三三 一一七 倉敷市 玉島柏島 市営大谷改良住宅が玉島柏島1234にある。
〃 連島町 連島 山間 一八 七四 倉敷市 連島町連島
〃 富田村 野口 中畝 三六 二一六 倉敷市 玉島道口 野口は道口の誤記。34.57726 133.64885付近が中畝。倉敷市玉島道口の池畝地区にあった全国水平社富田支部に楠木姓の者がいた[55]。玉島道口に楠木姓11件。2000年電話帳。
〃 〃 〃 池ノ内 三四 一六三 倉敷市 玉島道口 同上。34.57881 133.64619付近が池ノ内。池ノ内と中畝の合略地名が池畝と思われる。

191頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
浅口郡 富田村 野口 谷底 三五 農業 日傭 倉敷市 玉島道口 同上。玉島道口391-1に市営谷底住宅、玉島道口389-1に谷底遊園、玉島道口538-1に谷底公園あり。
〃 里庄村 里見 林山 二〇 一〇三 浅口郡 里庄町 里見
〃 金光町 下竹 竹坂 二四 一〇三 浅口市 金光町下竹
〃 〃 地頭下 二六 一二三 浅口市 金光町地頭下
〃 鴨方町 本庄 下名口 一六 七〇 浅口市 鴨方町本庄 下名口
〃 〃 小坂西 和部 一二 四三 浅口市 鴨方町小坂西 和部
〃 〃 鴨方 長谷通 三二 浅口市 鴨方町鴨方 長谷通
〃 寄島町 打本、小山 道面 一三 行商 浅口市 寄島町
〃 船穂村 船穂 杭開 二九 一七八 竹細工 倉敷市 船穂町船穂 杭開 『角川日本地名大辞典』の小字一覧に杭開が記載。
〃 〃 東荘谷 二六 倉敷市 船穂町船穂
〃 大條院村 東方 宮迫 六〇 二八四 浅口市 鴨方町六条院東 宮迫
小田郡 笠岡町 笠岡 狼、西本町 二三 一二一 履物 笠岡市 笠岡、笠岡 西本町 笠岡3325の笠岡市教育集会所付近に狼谷の通称あり。
〃 吉田村 吉田 龍王 一〇五 四八三 農業 日稼 笠岡市 吉田 字竜王 部落解放同盟笠岡市協議会(笠岡市吉田2187-5)の周囲に井上姓と高原姓が多い(『ゼンリン 住宅地図』)。井上姓44件、高原姓30件。2000年電話帳。
〃 新山村 新賀 向原 一五 八八 行商 笠岡市 新賀 向原 千神姓13件。2000年電話帳。
〃 北川村 甲弩 北畑 一七 一〇二 笠岡市 甲弩 北畑
〃 小田町 寺迫 六六 二九四 小田郡 矢掛町 小田 寺迫
〃 矢掛町 野呂 二五 九六 小田郡 矢掛町 矢掛 野呂

192頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
小田郡 矢掛町 鷺田 一三 六九 農業 行商 小田郡 矢掛町 小田 鷺田 小田字鷺田は小田5508付近。
〃 山田村 黒山田 大生 二七 一三八 小田郡 矢掛町 里山田 黒山田は里山田の誤記。大生は土生の誤記の可能性あり。
〃 三谷村 三成 大明池 一七 八七 小田郡 矢掛町 東三成 大明地 大明池は大明地の誤記。東三成教育集会所(矢掛町三谷集会所)が東三成1676-1にある。
〃 川面村 鷺田 二四 小田郡 矢掛町 旧・矢掛町の鷺田地区と連続している部落かどうか要調査。旧・川面村は現・矢掛町の東川面、西川面、宇内にあたる。
〃 中川村 大仁田 四二 一九〇 小田郡 矢掛町 浅海 大仁五 大仁五(おおにご)の誤記。エホバの証人の矢掛町矢掛会衆(浅海2985-1)の付近。大仁五公会堂が34.607043, 133.559648にある。
〃 美川村 茶屋ヶ鼻 四五 小田郡 矢掛町 上高末 茶ケ鼻
〃 城美村 田之江 長澤田 二六 笠岡市 用之江 城美村田之江は城見村用之江の誤記。
〃 〃 茂平 小迫 笠岡市 茂平 城美村は城見村の誤記。
〃 〃 大宜 浜川 一二 笠岡市 大宜 同上。大宜1840に浜川会館あり。
〃 大江村 中講 一四 井原市 大江町 中講
〃 大井村 小平井 權現 一二 笠岡市 小平井
〃 〃 停留所上 三一 笠岡市 小平井
〃 今井村 園井 鍛治迫 笠岡市 園井
〃 〃 通ル木 笠岡市 園井
〃 北木島村 塚浜 笠岡市 北木島町 塚浜
後月郡 荏原村 神代 横場 四一 二四〇 井原市 神代町 井原市教育集会所荏原会館(井原市ふれあいセンター)が神代町2040-1にある。高越城の伊勢氏ゆかりの浪士が祖と伝えており、1652年(承応元年)10月26日に浪士を改めて穢多とするという法令が出されたという[23]。同地の住民に以下の姓の者がいた[23]。荒木(2人)、金村、正司、津島、幡司(はたつかさ。他に読みあり。倉敷市が最多の稀姓)、花岡、原田、真砂、渡辺。神代町に正司姓5件。2000年電話帳。
〃 〃 石原 一五 四五 井原市 神代町 石原

193頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
後月郡 荏原村 神代 眞砂 四〇 一九七 農業 行商 井原市 神代町 真砂 神代町に真砂姓13件。2000年電話帳。
〃 芳井町 吉井 妙見通 一一 井原市 芳井町吉井
〃 〃 町裏 井原市 芳井町吉井
〃 木之子村 九文字 岩ヶ市 二三 一一九 井原市 木之子町 岩ヶ市
吉備郡 服部村 長良 樋詰 一七 九五 履物 農業 総社市 長良 34.693183, 133.791748付近が樋詰にあたる。総社市長良文化センターが長良336番地にある。青森姓3件。2000年電話帳。
〃 日美村 美袋 上村 一八 九〇 農業 総社市 美袋 34.72652 133.64338付近が上村にあたる。総社市美袋711番地に総社市上村農機具倉庫がある。
〃 〃 片山 五五 総社市 原 34.735323, 133.638965付近が片山にあたる。
〃 大井村 大井 鷺尾 五九 二九六 岡山市 北区 大井 34.739327, 133.794546付近が鷺尾にあたる。岡山市北区大井で1918年8月25日に発生した米騒動で検挙された以下の姓の者がいた。片岡、片山、西山、畑、八代、山崎(4人)、吉田(2人)[56]
〃 〃 玉田 四九 二五一 岡山市 北区 大井 34.73562 133.79914付近が玉田にあたる。
〃 岡田村 辻田 西谷 二四 一〇七 日傭 倉敷市 真備町辻田 五反田 西之谷、西ノ谷、西の谷とも表記。34.65478 133.71477付近。
〃 〃 市川 一六 七二 倉敷市 真備町辻田 市川 34.64938 133.72009付近。
〃 穂井田村 陶 横内 二〇 一一八 行商 倉敷市 玉島陶 34.584711, 133.656206付近。34.583643, 133.655027に横内遊園がある。
〃 〃 西横内 二一 九五 倉敷市 玉島陶 34.585395, 133.651463付近。玉島陶4581-1に西横内集会所が、玉島陶4554に西横内遊園がある。
〃 〃 服部 新田 二三 一〇六 倉敷市 真備町服部 34.62067 133.67134付近。服部1099-3に新田集会所がある。
〃 山田村 平田 平田 四四 総社市 山田 34.67102 133.67284付近。平田の小字は現存するも、付近に民家なし。古地図で複数の民家が表記されていた位置は現在は新本川(しんぽんがわ)の中になっており、治水改修工事に伴って移転した可能性あり。
〃 箭田村 西山 西山 五一 二〇三 倉敷市 真備町箭田 西山
〃 秦村 秦 南山 二一 一二一 総社市 秦 南山

194頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
吉備郡 水内村 原 中島 一三 五八 農業 行商 総社市 原 中島
〃 總社町 平町 小間 二〇 総社市 平町、小間の位置は要調査。小間は小寺の誤記?
〃 眞金町 辻藏 一一 六八 岡山市 北区 吉備津 34.66897 133.83725(北区惣爪)に辻田という地名はあったが関連は不明。1933年に岡山市北区(旧:吉備郡真金町)にいた以下の水平社員が選挙違反で起訴されている[57]。青森、今井(2人)。青森姓2件。今井姓1件。2000年電話帳。1960年に真金町が吉備津に改称。辻蔵の位置は要調査。
〃 福谷村 河原 大成 一四 岡山市 北区 河原 大成は34.799267, 133.777815の廃屋の付近。しかし現在民家なし。消滅した部落?
〃 廣瀬町 廣瀬 新道 一七 岡山市 北区 庭瀬 字新道 廣瀬は庭瀬の誤記。
〃 大和村 尾郷 二一 九六 加賀郡 吉備中央町 北尾郷
〃 生石村 門前 白田 二七 岡山市 北区 門前
〃 二方村 上二方 鳥打 倉敷市 真備町 大字上二万 字鳥打 二方は二万の誤記。34.6011 133.71177付近が鳥打。現在は真備若葉台団地として宅地開発されている地域。
〃 〃 勢亡 倉敷市 真備町 大字上二万 字勢亡 同上。34.61954 133.71155付近が勢亡。勢望公会堂が34.618869, 133.711378にある。
〃 〃 蚊家 一一 一〇一 倉敷市 真備町 大字上二万 同上。蚊家の位置は要調査。
〃 高松町 和井元 東猪ノ子 四一 岡山市 北区 和井元 東猪子
〃 阿曽村 西阿曽 永尾 一一 七五 総社市 西阿曽 34.7063 133.77807付近が永尾。
〃 河辺村 那須 那須 三九 倉敷市 真備町川辺 河辺村は川辺村の誤記。34.63916 133.72252付近が那須。那須姓6件。2000年電話帳。
上房郡 津川村 今津 地久 三六 一四六 日傭 高梁市 津川町 大字今津 字地久 川建姓9件。2000年電話帳。
〃 〃 八川 駿河 一九 九三 高梁市 津川町八川 駿河
〃 〃 今津 小才藤 一一 四〇 高梁市 津川町八川 小才藤
〃 〃 高下迫 三二 行商 高梁市 津川町八川 高下迫

195頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
上房郡 高梁町 原横町 二二 一二二 農業 行商 高梁市 原横町の位置は要調査。高梁市横町の可能性。
〃 川面村 眞城 一〇 高梁市 川面町
〃 〃 津和谷 一六 高梁市 川面町 津和谷
〃 〃 駅下 高梁市 川面町
〃 巨瀬村 前田 二四 一二三 高梁市 巨瀬町 字前田 「高梁市巨瀬町茶屋」とも表記。34.882222 133.615667付近。念仏塚と呼ばれる古墳あり。
〃 〃 塩坪上 一八 一〇〇 高梁市 巨瀬町 塩坪上
〃 有横村 有井 五〇 一七九 高梁市 有漢町有漢 34.900592, 133.662593付近が有井。立藤姓9件。2000年電話帳。
〃 上有横村 有山 一八 七八 竹細工 高梁市 有漢町上有漢
〃 上竹荘村 二六 一〇四 加賀郡 吉備中央町 上竹 加賀郡吉備中央町上竹の融和運動家に松藤姓の者がいた[58]。松藤姓7件。2000年電話帳。
〃 豊野村 信藤 一三 六五 加賀郡 吉備中央町 豊野 信兼の誤記とすれば「カセ信区公会堂」34.890885, 133.715951の付近。
〃 〃 岩目 一八 九一 加賀郡 吉備中央町 豊野
〃 吉川村 吉川 ビタノス 一二 加賀郡 吉備中央町 吉川
〃 中津井村 中津井 下村 一七 一〇三 真庭市 下中津井 下村 34.948570, 133.630545付近。バス停「下村」あり。明治5年頃、解放令反対一揆で池田姓の者が殺された[59]。下中津井に池田姓3件。2000年電話帳。
〃 〃 中津原 二六 真庭市 中津原の位置は要調査。
〃 中井村 津々 ツヅラ 一三 高梁市 中井町津々 字津々羅 ツヅラは津々羅とも表記。津々羅集会所が34.913127, 133.599487にある。
〃 〃 西方 德内 一五 高梁市 中井町西方
〃 呰部町 下呰部 三三 二六六 真庭市 下呰部 空 下呰部(しもあざえ)に滝上姓10件。2000年電話帳。

196頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
上房郡 上水田村 川崎 二七 一〇〇 農業 竹細工 真庭市 上水田 川崎
川上郡 成羽町 小滝 三四 一一六 日傭 高梁市 成羽町成羽 小滝 成羽町成羽に今西姓4件。2000年電話帳。
〃 手荘村 下原道 四八 二二三 行商 高梁市 成羽町下原
〃 高倉村 田井 下秋野 一一 六〇 日傭 高梁市 高倉町田井 下秋町 下秋野は下秋町の誤記。34.836483, 133.594930付近が下秋町。小林健治の父の出身地区。小林姓4件。2000年電話帳。
〃 落合村 近似 下組 二七 一一九 高梁市 落合町近似 下組
〃 湯野村 東油野、西油野、西山 森迫 三二 一五〇 高梁市 備中町東油野 森迫、備中町西油野、備中町西山
〃 大賀村 下大竹 野呂 一〇 五六 高梁市 川上町下大竹 バス停に「野呂中」あり。
〃 〃 上大竹 志田 一〇 高梁市 川上町上大竹 バス停に「志田」あり。
〃 吹屋町 吹屋 大深 一五 高梁市 成羽町吹屋
郷迫 三〇 高梁市 成羽町吹屋 バス停に「郷迫小谷宅上」あり。
〃 中村有寄 本郷 一三 高梁市 成羽町布寄 本郷 有寄は布寄の誤記。
〃 日里村 明治 黒荻 井原市 美星町明治 黒荻は黒萩の誤記。美星町明治5481-2に黒萩公民館あり。
阿哲郡 新見町 高尾 弓削 二二 一〇八 藁竹細工 新見市 高尾 弓削集会所が高尾523番地11にある。
〃 〃 新見 木ノ畝 一一 五五 新見市 新見 新見2878-2に新見市営「木の畝地区共同墓地」あり。
〃 実穀村 唐松 山根 一六 九〇 日傭 新見市 唐松 実穀村は美穀村(みよしそん)の誤記。唐松1814-2に山根集会所あり。伊達姓8件。2000年電話帳。
〃 〃 正田 大峠 一三 新見市 正田 同上。
〃 〃 欠田 三〇 新見市 正田 欠田 同上。『角川日本地名大辞典』の小字一覧に正田の小字として欠田が記載。

197頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
阿哲郡 草間村 草間 老妹 農業 日傭 新見市 草間 老能 老妹は老能(おいのう)の誤記。34.926382, 133.534292付近。
刑部町 永富 中曽 五二 二六二 新見市 大佐永富 35.074171, 133.566342付近が中曽。
千屋村 千屋 原部 一二 五五 新見市 千屋 原市の誤記の可能性あり。原市集会所が千屋2055-1にある。
    実 加勢坂 一一 三六 新見市 千屋実 加勢坂集会所が千屋実(ちやさね)1237-6にある。
熊谷村 上熊谷 道口 一二 五五 新見市 上熊谷 道口は道々の誤記。道々集会所が上熊谷3391にある。新見市上熊谷に以下の姓の者がいた[60]。小滝(4人)、小林(2人)、小山。上熊谷に小滝姓7件。2000年電話帳。
犬石 二〇 新見市 上熊谷 犬石 新見市に犬石姓2件。2000年電話帳。
灰高 一五 新見市 上熊谷
大時 二八 新見市 上熊谷 大畑あるいは大峠(おおだわ)の誤記の可能性あり。前者なら35.036961, 133.537069付近。後者なら34.991153, 133.509548付近。後者は現在ほぼ無人地帯。
菅生村 合原 二一 新見市 菅生 合原は分原の誤記。35.076324, 133.505282付近。
上市村 西方 太田 七八 二六七 新見市 西方 34.985473, 133.459865付近が太田。
新砥村 蚊家 引谷 一〇 三〇 新見市 哲多町蚊家 蚊家の読み方は「こうのいえ」。引谷は34.899793, 133.370780付近。
青木 一二 四一 新見市 哲多町蚊家 蚊家2301の青木八幡神社の付近。
後原 一二 四二 新見市 哲多町田淵 34.933622, 133.393887に後原集会所がある。
神代村 下神代 安信 三二 新見市 神郷下神代 安信
笹尾 新見市 神郷油野 神郷油野945の笹尾神社の付近。
油野 上油野 一六 新見市 神郷油野 バス停「上油野」あり。大碓神社(神郷油野3313)の南方一帯が上油野。
↱ 熊谷村 上熊谷 槇原 一五 新見市 上熊谷 楢原の誤記とすれば35.021947, 133.514119付近。

198頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
阿哲郡 矢神村 上神代 實吉 二三 一三一 農業 新見市 哲西町上神代 34.962882, 133.339548の住吉公会堂の付近。國土地理院の五万分一地形圖で「實本」と書かれた古地図がある。合略による小字名変更?
野馳村 野馳 野原 一五 七五 新見市 哲西町大野部 野原
日ノ本 一五 新見市 哲西町大野部 日ノ本
二四 一五五 新見市 哲西町大野部 東
高野 二〇 新見市 哲西町大野部 高野
萬歳村 矢戸 - 二六 新見市 哲多町矢戸
本郷村 宮河内 唐櫃 三五 新見市 哲多町宮河内 國土地理院の五万分一地形圖で34.944465, 133.443805付近に「唐櫃」の表記があるが、現在ほぼ民家なし。過疎化でほぼ消滅した部落?
則安 一〇 新見市 哲多町本郷 34.938128, 133.453276付近。
石蟹郷村 石蟹 大粕 一三 六〇 新見市 法曽 大粕は大栢(おおがや)の誤記。34.878827, 133.537760に大栢公会堂あり。
法曽 縄瀬 四〇 新見市 法曽
新郷村 里村 押合 一三 五三 新見市 神郷釜村 押合
三ヶ市 一三 新見市 神郷釜村 三ケ市
舟治部村 仲屋 新見市 大佐田治部 仲屋
眞庭郡 勝山町 月田 三四 一七〇 竹細工 真庭市 月田 下畝集会所が月田6620-1に、上畝集会所が月田6459-2にある。川元姓19件。2000年電話帳。
江川 千両 二五 一二五 真庭市 江川 江川教育集会所が江川858-3にある。岩元姓20件。2000年電話帳。
勝山 鳴戸 一八 九〇 真庭市 勝山 鳴戸
横部 新村 二〇 真庭市 横部 新村

199頁

國土地理院五万分一地形圖より、真庭市久世町の江下(寿和)地区の位置。もともと旭川の北側にあったことを示している。
真庭市久世町土居・中島・寿和・岩内地区配置図
部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
眞庭郡 勝山町 柴原 中水 一五 農業 真庭市 柴原
〃 久左町 久左 上土居 六〇 二八三 日傭 農業 真庭市 久世 土居 久左は久世の誤記。
〃 〃 中島 中島 五一 一八五 農業 日傭 真庭市 中島 同上。
〃 〃 草加部 江下 三九 一八〇 真庭市 草加部 寿和 同上。別名は寿和(すわ)。寿和公民館が草加部2150-1にある。
〃 〃 岩内 三九 農業 真庭市 草加部 岩内 同上。草加部教育集会所が草加部506-2にある。
〃 落合町 垂水 南垂水 四七 二一五 日稼 真庭市 落合垂水 南垂水 落合垂水に古林姓13件。2000年電話帳。
〃 〃 中 一二 六四 真庭市 中 且は旦の誤記。旦公会堂が35.055177, 133.741462にある。
〃 〃 下市瀬 野白 一八 真庭市 下市瀬 下市瀬(しもいちぜ)の小字に「妙市先野白」あり。下市瀬1256番地付近。
〃 津田村 吉 胡麻田 一三 六五 真庭市 吉 バス停「胡麻田」あり。胡麻田集会所が34.966419, 133.800266にある。
〃 〃 開原 一四 真庭市 吉
〃 木山村 下方 下紙屋 二七 一三七 真庭市 下方 下紙屋 真庭市役所落合人権・福祉センター(下方1732)の付近。
〃 〃 鹿田 番山 一二 真庭市 鹿田 鹿田の読み方はカッタ。
〃 〃 一四 真庭市 鹿田 平 34.989791, 133.721898付近。
〃 美川村 谷河内 二五 一一二 真庭市 関 バス停に谷河内公民館あり。川植姓2件、太安姓7件。2000年電話帳。
〃 〃 相原 一〇 真庭市 栗原 相原
〃 〃 槇原 真庭市 真庭市蒜山中福田に小字「槙原」があるが、旧・美川村ではないので無関係。
〃 富原村 岩井畝 白口 二四 真庭市 岩井畝

200頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
眞庭郡 美甘村 美甘 竹ノ下 三〇 一三三 農業 日稼 真庭市 美甘 竹永姓9件。2000年電話帳。
〃 二川村 藤森 黒杭 四〇 真庭市 黒杭
〃 八束村 上長田 上長田 一〇 五九 真庭市 蒜山上長田
〃 〃 中福田 真庭市 蒜山中福田
〃 〃 下福田 二五 真庭市 蒜山下福田
〃 〃 下見 一三 真庭市 蒜山下見
〃 湯原村 湯本 酒石 一〇 真庭市 釘貫小川 字酒石 35.167266, 133.733943付近。
〃 〃 茅森 三〇 一三〇 真庭市 豊栄 字茅森 35.181994, 133.723333付近。茅森教育集会所が豊栄946にある。
〃 〃 原尻 三〇 真庭市 見明戸 字原尻 35.178444, 133.691028付近。
〃 〃 湯本 真庭市 湯原温泉
〃 中和村 南光 一五 真庭市 蒜山下和 35.269485, 133.781293にバス停「南光」あり。
〃 川上村 田尻 二〇 真庭市 蒜山上福田425に真庭市役所蒜山振興局川上出張所あり。田部の誤記とすれば真庭市蒜山西茅部田部か。大蛇教育集会所の後身と思われる大蛇集会所は蒜山西茅部834-2にある。
〃 〃 七ノ谷 二五 真庭市 七ノ谷の位置は要調査。七石(しちこく)の誤記とすれば真庭市蒜山中福田七石か。
〃 川東村 大庭地内 真庭市 大庭 地内
苫田郡 芳野村 吉原 吉原南 五三 二六四 農業 商業 苫田郡 鏡野町 吉原 35.063692, 133.935976付近。吉原教育集会所が吉原640番地にある。
〃 高田村 篠、源谷 弥谷前組 五〇 二八五 日傭 津山市 大篠 字弥谷 バス停「弥谷池」あり。35.103414, 134.032806に彌谷(やだに)神社がある。大篠教育集会所が大篠517にある。
〃 高野村 高野本郷 川東 一四七 八一七 津山市 高野本郷 川東 高野本郷に先本姓11件。2000年電話帳。

201頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
苫田郡 東加茂村 公郷 藤ノ木 五二 二八二 農業 日傭 津山市 加茂町公郷 バス停「藤の木」あり。藤長姓13件、藤本姓19件、森岡姓18件。2000年電話帳。1934年の水害で加茂川の河原から移転。移転後の被差別部落と一般地区の境界線は、美作加茂駅から200メートルほど歩いたところにある小川(県道をくぐって加茂川に流れ込んでいる。名称は境川)であることを『解放新聞』が丁寧に暴露している[61]
〃 大野村 和田 土居 二二 一八五 苫田郡 鏡野町 土居
〃 〃 眞永寺 二三 一一五 苫田郡 鏡野町 貞永寺 眞永寺は貞永寺の誤記。
〃 〃 和田 三七 一六八 苫田郡 鏡野町 和田
〃 西加茂村 中原 下中原 七四 三五八 津山市 加茂町中原下 厨子姓44件、三浦姓14件。2000年電話帳。弘長年間(1261年~1263年)の古文書に長吏の厨子治左衛門の名がみえる[62]。三浦家は天正6年(1578年)から当地に続く部落民だが加茂町屈指の資産家[63]。『解放新聞』は部落名を中原下としている[64]
〃 小田村 塚谷 岸本 一七 八五 運搬業 苫田郡 鏡野町 小座527付近 岸元とも表記。
〃 〃 三五 苫田郡 鏡野町 塚谷 35.125490, 133.901941付近が乢(たわ)。
〃 〃 王子 一九 一二五 苫田郡 鏡野町 小座 王子公会堂が35.116896, 133.927965にある。小座教育集会所が小座695番地1にある。
〃 田邑村 上田邑、下田邑 六三 三一五 日稼 津山市 上田邑 津山市役所田邑公民館榎分館が上田邑1833-8にある。1932年5月9日に神戸地方裁判所で判決を受けた津山市上田邑出身の以下の者がいた[65]。上田邑に池口姓25件、大林姓15件、塚本姓11件、水杉姓53件。2000年電話帳。
〃 〃 瀬戸 三三 二五二 津山市 下田邑 田邑公民館瀬戸・俵田分館が下田邑1554-1にある。
〃 香々美南村 香下 二〇 九六 苫田郡 鏡野町 香々美987付近 別称、香々美下。1932年5月9日に神戸地方裁判所で判決を受けた苫田郡鏡野町香々美出身の長石姓の者がいた[66]。水杉姓3件。長石姓3件。2000年電話帳。
〃 郷村 河本 目崎 七九 四三四 苫田郡 鏡野町 河本 鏡野町下原に目崎城があった。狭義の字河本は35.085477, 133.899278付近。河本教育集会所が鏡野町薪森原742番地1にある。
〃 久田村 田下原 六九 三四五 苫田郡 鏡野町 久田下原 田下原の「田」は「下」の字に上書きされている。下原の誤記。苫田ダム(2004年度完成)の建設に伴って消滅した部落。2000年電話帳では久田下原の最多姓は井上で35件だった。
〃 〃 三六 一六〇 苫田郡 鏡野町 久田下原 同上。
〃 高倉村 下高倉 第四區 六四 三四〇 商業 津山市 下高倉を冠称する地名に下高倉西と下高倉東がある。市営住宅は下高倉西2303-2と下高倉西1843-2にあり、下高倉東にはない。
〃 奥津村 奥津 三九 日傭 苫田郡 鏡野町 奥津
〃 中谷村 山成 長浜 四六 苫田郡 鏡野町 山城 長浜 山城に住吉姓12件。2000年電話帳。

202頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
勝田郡 勝間田町 勝間田 荒神谷 一四 七〇 農業 日傭 勝田郡 勝央町 勝間田 荒神谷 勝間田一区教育集会所が勝間田387の13番地にある。勝田郡勝央町にあった勝間田水平社に杉原姓の者がいた[67]
〃 飯岡村 飯岡 土居 一五 六〇 久米郡 美咲町 久木 土居
〃 大崎村 中原 三ツ木 七三 三六五 行商 津山市 中原 三ツ木 中原に清原姓40件。2000年電話帳。
〃 河辺村 日上 人神 五一 三一七 津山市 日上 人神 1932年5月9日に神戸地方裁判所で判決を受けた津山市日上出身の岡田姓の者がいた[68]。日上に岡田姓9件。2000年電話帳。
〃 〃 河辺 上原 一二 七五 津山市 河辺 上原
〃 新野村 新野 西中、音下 二九 一五八 津山市 西下
〃 廣戸村 廣戸 案内 七四 二八一 津山市 大吉 大吉200に案内簡易郵便局がある。大吉に岸名姓5件。2000年電話帳。
〃 〃 廣戸大吉 川東 四七 二八一 津山市 大吉 川東
〃 勝加茂村 安井 千文 六六 四〇〇 津山市 安井 1916年、秋期演習で歩兵第十連隊が「勝田郡加茂村」に宿泊した際、千条という部落にだけは一人も兵隊が泊まらず、部落差別事件として問題になったが[69][70]、千文が千条の誤記かどうかは要調査。
〃 植月村 植月 畑田 一九 一二四 勝田郡 勝央町 植月北 畑田 植月北教育集会所が植月北1328番地にある。柳田國男は「茶筅及びサヽラ(毛坊主考の七)」の中で「備前の御坊(おんばう)が果して茶筅の特色を具へて居たか否かは、自分の未だ明かにせざる所である。美作では勝田郡植月村大字植月北に、茶筅と夷札を人家に配り格式は鉢と同じき者があつた」と述べている。なお植月北に隣接する植月中には穢多城(別名は江田ケ城、金山城)と呼ばれる城があり[71]、穢多山(別名は小山、宮山)と呼ばれる山もある[72]
〃 吉野村 豊久田 中尾 三五 一六六 勝田郡 勝央町 豊久田 豊久田中集会所(豊久田2113-1)の付近。豊久田教育集会所が豊久田1554の1番地、同1555の1番地にある。
〃 勝田村 眞加部 穴ヶ谷 八六 四七三 美作市 真加部 西町集会所(真加部1068-2)の付近。1932年5月9日に神戸地方裁判所で判決を受けた美作市真加部の高森姓の者がいた[73]。森元姓26件。坂元姓43件。2000年電話帳。
〃 古吉野村 河原 森原 五八 三三三 勝田郡 勝央町 河原 河原会館(河原1378−2)の付近。
〃 梶並村 東谷下 長岡 三〇 一五〇 美作市 東谷下 長岡公会堂(東谷下1565-2)の付近。1932年5月9日に神戸地方裁判所で判決を受けた美作市東谷下出身の長岡姓の者が3人いた[74]。長岡姓22件。2000年電話帳。
〃 滝尾村 津川原 津川原 一一〇 五八〇 津山市 三浦 宰務姓13件。2000年電話帳。1873年の解放令反対一揆(明六一揆)で襲撃を受け全戸にあたる102戸が焼失した部落。部落長の宰務喜市、息子の宰務龍太郎、同じく宰務喜平が殺害された。同地では松田姓の者が投石により殺害されている[75]
〃 豊国村 明見 又力 一六 美作市 明見 字又加 又力は又加の誤記。明見781付近。
英田郡 林野町 三倉田 三倉田ノ上 三七 一八五 美作市 三倉田 三倉田上とも表記。公民館三倉田上支館が三倉田353-2にある。三倉田に響尾姓6件、鷺田姓2件、坂藤姓5件。2000年電話帳。

203頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
英田郡 林野町 三倉田 三倉田ノ下 六〇 三〇九 農業 日傭 美作市 三倉田 三倉田下とも表記。三倉田コミュニティハウス(三倉田1035-1)の付近。岡映の妻である森本こゆうの出身地区[76]。こゆうの父である森本万治(水平社)や、万治のいとこ森本作一(水平社)の長男である森本孝富(全解連)も当地区の出身[77]。三倉田に森本姓8件。2000年電話帳。
〃 楢原村 楢原上 前田 四六 一九三 美作市 楢原上 前田 楢原上に東内姓22件。2000年電話帳。
〃 〃 楢原下 矢田原 一〇 美作市 楢原下 字矢田原
〃 〃 楢原中 サイゴ 四〇 美作市 楢原中 小字「西郷の内」が楢原中にある。また西郷集会所が楢原下919にあるが関連不明。
〃 江見村 川北 高本 五一 二五六 美作市 川北 高本 岡映の出身地区[78]。JR美作江見駅の約200メートル東南にある吉野川べりの荒堀から移転して成立した地区[79]。「美作江見の高本部落は、明治初年代には、岡、久保、安本、高田、前原、光本等の株内があった。これは恐らく明治のはじめに姓氏を『エタ身分』に名乗ることが許された時に一斉にもらったものであろう」[80]。美作市川北(高本)に関する記述。川北に岡姓2件。久保姓2件。高田姓1件。前原姓7件。光本姓3件。房常姓2件。安本姓21件。2000年電話帳。
〃 土居村 土居 西町 五〇 二七〇 美作市 土居 土居2336-1に西町コミュニティセンターがある。鍬先姓8件、吉政姓9件。2000年電話帳。
〃 栗井村 栗井中 猪寄 三〇 一四一 美作市 粟井中 猪寄 栗井は粟井の誤記。粟井教育集会所が粟井中1652番地2にある。粟井中に稲尾姓8件、高元姓10件、西森姓8件。2000年電話帳。
〃 吉野村 五名 金子 三七 二二〇 美作市 五名 五名1388−1に美作市役所金子教育集会所がある。木南姓10件。2000年電話帳。
〃 大野村 桂坪 桂坪 三三 一六五 藁細工 美作市 桂坪 桂坪教育集会所が川上3番地にある。
〃 大原町 中町 中川 八三 四〇九 農業 日傭 美作市 中川
〃 東粟倉村 中谷 栃ヶ岡 一一 六五 美作市 中谷 中谷251に栃岡集会所がある。中谷地区教育集会所が中谷666番地にある。1932年5月9日に神戸地方裁判所で判決を受けた美作市中谷出身の栃ヶ岡姓の者がいた。また、通称は栃岡とある[81]。栃岡(とちおか)は美作市が最多の稀姓。栃ヶ岡(とちがおか)は兵庫県姫路市の1戸のみの稀姓。電話帳では栃岡となっている。『NTT 電話帳』栃岡姓14件。2000年電話帳。
久米郡 久米村 久米川南 大久保 六〇 四五〇 津山市 久米川南 久米川南2902-1に津山市大久保会館がある。1926年に一般地区の赤堀桃江と恋仲になったが結婚差別を受けて自殺したとされる浅図照夫の出身地区[82]。浅図姓15件、灰原姓8件。2000年電話帳。
〃 大井東村 宮部下 新井 四三 津山市 宮部下 新井は笹井の誤記の可能性あり。
〃 加美村 西幸 表木 六〇 三四五 久米郡 美咲町 西幸 34.973518, 133.958087付近が表木。浅津姓6件、井伊姓17件、後山姓7件。2000年電話帳。
〃 大倭村 南方中 一三〇 六三三 津山市 南方中 市立柳会館が南方中565-2にある。久米郡大倭村にあった全国水平社南方支部に松並姓の者がいた[83]。松並姓4件。2000年電話帳。
〃 弓削町 下弓削 村松 二一 一〇四 久米郡 久米南町 下弓削 34.922693, 133.958943付近、久米南町上二ケとの境界線に近い区域が村松。久米郡美咲町(旧:久米郡弓削町)で、1923年に脅迫事件を起こした以下の姓の者がいた。池田、大西(2人)、岡崎、川井、近藤、鶴田、新山、三木、山崎、山本[84]。解放同盟都連副委員長から正常化都連委員長に転じた高山秀夫の出身地区。高山姓9件。2000年電話帳。
〃 鶴田村 和田南 若松 一六 七三 岡山市 北区 建部町和田南 34.918834, 133.861403付近が若松。

204頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
久米郡 三保村 錦織 錦織 一四二 六四七 農業 日傭 久米郡 美咲町 錦織 久米郡美咲町錦織で解放令反対一揆に対抗した指導者に以下の姓の者がいた。浅岡、藤森、山崎、山本[85]。同地の山本姓の者は、播磨の山崎からの落武者が祖と伝える[86]。浅図姓8件、貝阿弥姓29件、野崎姓16件。2000年電話帳。部落解放運動家の野崎清二や山本藤政の出身地区。
〃 大井西村 坪井下 三峪 一九 七一 津山市 坪井下
〃 佐良山村 一方 一方 七二 二七六 津山市 一方 藤沢姓17件。2000年電話帳。
〃 西川村 西垪和 流古 一七 八六 久米郡 美咲町 西垪和 流古
〃 倭文東村 福田上 藥木 二三 津山市 八社
〃 倭文西村 山手公文北 三坂上 四六 久米郡 美咲町 北 35.016319, 133.869389付近が山手公文北。
〃 龍川村 上二ヶ 畝上 二〇 一〇〇 久米郡 久米南町 上二ケ 久米南町下弓削の村松地区と隣接する部落。畝教育集会所が下弓削1254−1にある。1921年の第2回同情融和大会の出席者に美納姓の者が2人いた[87]。美納(みのう)は、久米郡久米南町が最多の稀姓。上二ケに美納姓10件。2000年電話帳。
〃 龍川村 上二ヶ 畝下 一五 七五 久米郡 久米南町 上二ケ
〃 大垪和村 和田北 西ノ岡 二五 久米郡 美咲町 和田北 西ノ岡
〃 大垪和村 和田北 長峡 二九 久米郡 美咲町 和田北
計二二四 三七三 九七七二 四八四三〇

同対審答申附属書類(1965年)

施設等

小集落改良住宅

倉敷市

  • 向山(改良) - 倉敷市向山1742の1
  • 向山北(改良) - 倉敷市向山1794
  • 南羽島(改良) - 倉敷市羽島607の1
  • 宮前(改良)- 倉敷市宮前410の1
  • 明神町(改良)- 倉敷市水島明神町83
  • 再開発(改良)- 倉敷市水島西千鳥町6番18
  • 南幸町(改良)- 倉敷市水島南幸町98の12
  • 大谷(改良)- 倉敷市玉島柏島1234
  • 池畝(改良)- 倉敷市玉島道口5138の1

新見市

  • 錦町 - 新見市西方
  • 西方第2 - 新見市西方
  • 千屋 - 新見市千屋
  • 哲西野原 - 新見市哲西町大野部
  • 哲西住吉 - 新見市哲西町上神代

二戸一住宅

加賀郡吉備中央町

  • 町営住宅上加茂団地 - 加賀郡吉備中央町上加茂1120番地 

その他、吉備中央町の町営住宅の多くが二戸一だが、同和対策事業と関係があるかどうかは要調査。

関連団体

  • 部落解放同盟岡山県連合会・岡山市協議会 - 岡山県岡山市丸の内1-13-16-2
  • 部落解放同盟岡山県連合会・岡山市協議会 - 岡山県岡山市大供1-2-27-2
  • 部落解放同盟岡山県連合会 - 岡山県倉敷市玉島道口5105-1
  • 部落解放同盟岡山県連合会 - 岡山県岡山市北区北長瀬本町24-33
  • 部落解放同盟富原支部 - 岡山県岡山市富原1194-1
  • 部落解放同盟倉敷支部 - 岡山県倉敷市玉島陶3769-1
  • 部落解放同盟倉敷市協議会 - 岡山県倉敷市西中新田632-1-3
  • 部落解放同盟倉敷協議会 - 岡山県倉敷市連島1-10-33
  • 部落解放同盟玉島協議会 - 岡山県倉敷市玉島道口3877-11
  • 部落解放同盟笠岡市協議会 - 岡山県笠岡市吉田2187-5
  • 部落解放同盟岡山県連合会笠岡市協議会 - 岡山県笠岡市吉田1768
  • 部落解放同盟矢掛協議会 - 岡山県小田郡矢掛町小田3027-4
  • 部落解放同盟真備町協議会 - 岡山県吉備郡真備町箭田753-6
  • 部落解放同盟備中地区協議会 - 岡山県吉備郡真備町箭田889-5
  • 部落解放同盟美作地区協議会・津山市協議会 - 岡山県津山市平福570
  • 自由同和会岡山県本部 - 岡山県倉敷市宮前491-5
  • 自由同和会岡山県連合会 - 岡山県岡山市南区新保93-8
  • 全国自由同和会岡山県連合会 - 岡山県岡山市中区倉田604-9
  • 全日本同和会岡山連合会 - 岡山県岡山市田町1-1-1-506
  • 全日本同和会倉敷市総支部 - 岡山県倉敷市亀島1-1-14
  • 全日本同和会赤磐郡協議会 - 岡山県赤磐郡山陽町山陽団地3-4-37
  • 岡山県人権連 - 岡山県岡山市北区下伊福西町 1-53 岡山民主会館内
  • 倉敷人権連 - 岡山県倉敷市宮前641
  • 全解連井原市協議会交流会館 - 岡山県井原市神代町2040-1

「部落解放同盟岡山支部」(代表者・中元篤宏)を名乗る団体が岡山県岡山市東区久保233-7に存在するが、部落解放同盟中央本部とは無関係であり「10年以上前に部落解放同盟(中央本部)から除名された人脈に連なっていると推測されます」といわれている[88]。この中元篤宏は、久保233-7を事務所所在地として「特定非営利活動法人VIOLET」をも主宰している。

教育集会所

  • 西原教育集会所 - 岡山市建部町西原294-3
  • 笠岡市教育集会所 - 笠岡市笠岡3321番地(笠岡3325とも)
  • 赤磐市赤坂教育集会所 - 赤磐市小原1675番地5
  • 総社市中原会館 - 総社市中原1005番地6
  • 総社市長良文化センター - 総社市長良336番地
  • 大篠教育集会所 - 津山市大篠517
  • 油木教育集会所 - 津山市油木下635-6
  • 井原市教育集会所荏原会館(井原市ふれあいセンター) - 井原市神代町2040-1
  • 井原市教育集会所花野会館 - 井原市七日市町3973-2
  • 粟井教育集会所 - 美作市粟井中1652番地2
  • 金子教育集会所 - 美作市五名1388番地1
  • 桂坪教育集会所 - 美作市川上3番地
  • 中谷地区教育集会所 - 美作市中谷666番地
  • 江川教育集会所 - 真庭市江川858-3
  • 茅森教育集会所 - 真庭市豊栄946
  • 草加部教育集会所 - 真庭市草加部506-2
  • 大蛇教育集会所 - 真庭市(大蛇集会所は真庭市蒜山西茅部834-2)
  • 田井山教育集会所 - 備前市伊部1318-7
  • 大渕教育集会所 - 備前市
  • 麻宇那教育集会所 - 備前市
  • 藤野会館 - 和気郡和気町藤野1709
  • 和気町日笠下集会所 - 和気郡和気町日笠下1034番地2
  • 和気町西森教養館 - 和気郡和気町衣笠928番地5
  • 和気町衣笠教養館 - 和気郡和気町衣笠725番地
  • 吉原教育集会所 - 苫田郡鏡野町吉原640番地
  • 薪森原教育集会所 - 苫田郡鏡野町薪森原150番地1
  • 河本教育集会所 - 苫田郡鏡野町薪森原742番地1
  • 小座教育集会所 - 苫田郡鏡野町小座695番地1
  • 勝央町豊久田教育集会所 - 勝田郡勝央町豊久田1554の1番地、同1555の1番地
  • 勝央町植月北教育集会所 - 勝田郡勝央町植月北1328番地
  • 勝央町勝間田一区教育集会所 - 勝田郡勝央町勝間田387の13番地
  • 久米南町立畝教育集会所 - 久米郡久米南町下弓削1254番地の1
  • 東三成教育集会所(矢掛町三谷集会所) - 小田郡矢掛町東三成1676-1

新見市哲西町にも野馳教育集会所などの教育集会所が3ヶ所ある。

人権啓発センター

  • 岡山市役所 人権推進課人権啓発センター - 岡山市中区神下256−16

出典

  1. 留岡幸助「特種部落と其人口」(『人道』69号所収、1911年刊。1907年調査)
  2. 『大阪朝日新聞』岡山版、1918年7月13日
  3. 内務省社会局「全国部落統計表」(内務省社会局『部落改善の概況』所収、1922年刊。1921年調査)
  4. 帝国地方行政学会『地方行政年鑑』1922年(『近代部落史資料集成』第10巻6-7頁)
  5. 『部落問題・水平運動資料集成』第2巻393頁掲載、岡山地方裁判所検事局『岡山地方裁判所管内における社会運動の概況』所収「水平運動の概況」
  6. 中央融和事業協会『全国部落調査』(1936年刊。1935年調査)
  7. 同和奉公会『産業調査報告」(1943年刊。1942年調査)
  8. 厚生省よりGHQ民間情報教育局に提出された報告(『資料・占領期の部落問題』所収、1991年刊)
  9. 厚生省社会局「同和対策要望事項調査」(厚生省『同和行政の手引き』所収、1961年刊行。1958年調査)
  10. 内閣総理大臣官房審議室『全国同和地区実態調査結果』(1968年刊。1963年調査および1967年調査)
  11. 内閣総理大臣官房審議室『全国同和地区実態調査結果』(1968年刊。1963年調査および1967年調査)
  12. 内閣総理大臣官房審議室『全国同和地区調査結果の概要』(1972年刊。1971年調査)
  13. 総理府内閣総理大臣官房同和対策室『全国同和地区調査結果の概要』(1976年刊。1975年調査)
  14. 総務庁地域改善対策室『昭和60年度地域啓発等実態把握―生活実態把握報告書―』(1987年刊。1985年調査)
  15. 総務庁地域改善対策室『平成5年度同和地区実態把握等調査―地区概況調査報告書―(統計表編)』 (1995年刊。1993年調査)
  16. 『週刊文春』2016年10月6日号「新・家の履歴書」
  17. http://archive.is/GgYPt
  18. http://archive.is/GgYPt
  19. 『現代日本の差別』59頁
  20. 『現代日本の差別』63-64頁
  21. 『部落問題・水平運動資料集成』補巻2、1019頁
  22. 『部落問題・水平運動資料集成』補巻2、1029頁
  23. 23.0 23.1 23.2 23.3 23.4 『みち 井原市における解放運動三十年史』(井原市における解放運動30年史編集委員会編、全国部落解放運動連合会井原市協議会、1985)
  24. 『戦後部落問題関係判例 資料編』(部落解放研究所編、部落解放研究所、1995)
  25. 『戦後部落問題関係判例 解説編』(部落解放研究所編、部落解放研究所、1995)
  26. 岡映『荊冠記』第二部143頁
  27. 『閉ざされた街からの解放 “楮畑”と部落問題』(前田秀明、岡山部落問題研究所、1992)
  28. 『部落問題・水平運動資料集成 第2巻』(渡部徹、秋定嘉和編、三一書房、1974)
  29. 『社会改善公道(覆刻)』(西播地域皮多村文書研究会編、西播地域皮多村文書研究会、1984)83頁
  30. 岡映『荊冠記』第二部224-225頁
  31. 『部落問題・水平運動資料集成 第2巻』(渡部徹、秋定嘉和編、三一書房、1974)
  32. 『細民部落改善実例』(広島県安芸郡編、広島県安芸郡、1916)
  33. 『部落問題・水平運動資料集成 第2巻』(渡部徹、秋定嘉和編、三一書房、1974)
  34. 『多木製肥所争議史』(小林末夫、岡山部落問題研究所、2003)
  35. 岡映『荊冠記』第二部142頁
  36. 『部落問題・水平運動資料集成 第2巻』(渡部徹、秋定嘉和編、三一書房、1974)
  37. 『多木製肥所争議史』(小林末夫、岡山部落問題研究所、2003)
  38. 『社会改善公道(覆刻)』(西播地域皮多村文書研究会編、西播地域皮多村文書研究会、1984)
  39. 『部落問題・水平運動資料集成 第2巻』(渡部徹、秋定嘉和編、三一書房、1974)
  40. 岡映『荊冠記』第二部「黎明」144頁
  41. 岡映『荊冠記』第二部177-178頁
  42. 『社会からみた部落』(横山勝英、(『近世中国被差別部落史研究』(後藤陽一、小林茂編、明石書店、1986)所収)備前国における分布図を記載。
  43. 『解放の道 1999年2月15日号』(解放の道新聞社)
  44. 『三好伊平次の思想史的研究』(岩間一雄編、三好伊平次研究会、2004)
  45. 『人間に光あれ』(土方鉄、汐文社、1963)
  46. 『社会改善公道(覆刻)』(西播地域皮多村文書研究会編、西播地域皮多村文書研究会、1984)
  47. 『部落問題・水平運動資料集成 第2巻』(渡部徹、秋定嘉和編、三一書房、1974)
  48. 『被差別部落の謎』(楠木裕樹、岡山部落解放研究所、2005)地名、人名を明記。
  49. 『解放新聞 1996年6月10日号』(解放新聞社)
  50. 『社会改善公道(覆刻)』(西播地域皮多村文書研究会編、西播地域皮多村文書研究会、1984)
  51. 『明治之光(複製版)』(兵庫部落問題研究所編、兵庫部落問題研究所、1977)
  52. 『社会からみた部落』(横山勝英(『近世中国被差別部落史研究』(後藤陽一、小林茂編、明石書店、1986)所収)
  53. 『被差別部落の謎』(楠木裕樹、岡山部落解放研究所、2005)地名、人名を明記。
  54. 『部落問題・水平運動資料集成』補巻2、2089頁
  55. 『部落問題・水平運動資料集成 第2巻』(渡部徹、秋定嘉和編、三一書房、1974)
  56. 『岡山県部落問題資料集』(岡山県部落解放運動六十年史編纂委員会編、岡山県部落解放運動連合会、1987)
  57. 『部落問題・水平運動資料集成 第2巻』(渡部徹、秋定嘉和編、三一書房、1974)
  58. 『部落問題・水平運動資料集成 第2巻』(渡部徹、秋定嘉和編、三一書房、1974)
  59. 『社会改善公道(覆刻)』第2巻第4号(西播地域皮多村文書研究会編、西播地域皮多村文書研究会、1984)297頁。
  60. 『明治之光 大正7年分』(『社会改善公道(覆刻)』(西播地域皮多村文書研究会編、西播地域皮多村文書研究会、1984)所収)
  61. 解放新聞社編『被差別部落 I農山漁村』90頁
  62. 解放新聞社編『被差別部落 I農山漁村』92頁
  63. 解放新聞社編『被差別部落 I農山漁村』92頁
  64. 解放新聞社編『被差別部落 I農山漁村』92頁
  65. 『多木製肥所争議史』(小林末夫、岡山部落問題研究所、2003)
  66. 『多木製肥所争議史』(小林末夫、岡山部落問題研究所、2003)
  67. 『部落問題・水平運動資料集成 第2巻』(渡部徹、秋定嘉和編、三一書房、1974)
  68. 『多木製肥所争議史』(小林末夫、岡山部落問題研究所、2003)
  69. 北原泰作『賎民の後裔-わが屈辱と抵抗の半生-』100頁
  70. 『講座部落』第2巻101頁
  71. 「東作誌」
  72. 「古城之覚」
  73. 『多木製肥所争議史』(小林末夫、岡山部落問題研究所、2003)
  74. 『多木製肥所争議史』(小林末夫、岡山部落問題研究所、2003)
  75. 『部落問題・人権事典』(部落解放・人権研究所編、部落解放・人権研究所、2001)
  76. 岡映『荊冠記 第三部』166頁
  77. 岡映『荊冠記 第三部』167,179頁
  78. 岡映『荊冠記』第一部14頁
  79. 岡映『荊冠記』第二部145頁
  80. 『荊冠旗』(岡映、1993『部落問題 103号』)所収)
  81. 『多木製肥所争議史』(小林末夫、岡山部落問題研究所、2003)
  82. 岡映『荊冠記』第二部181-183頁
  83. 『部落問題・水平運動資料集成 第2巻』(渡部徹、秋定嘉和編、三一書房、1974)
  84. 『部落問題・水平運動資料集成 第1巻』(渡部徹、秋定嘉和編、三一書房、1973)
  85. 『部落「解放令」の研究』(小林茂、解放出版社、1979)
  86. 『水平運動の無名戦士』(部落問題研究所編、部落問題研究所出版部、1973)
  87. 『近代部落史資料集成 第10巻』(秋定嘉和、大串夏身編、三一書房、1986)
  88. http://web.archive.org/web/20100401232722/http://sutup.upper.jp/burakakaihouokayamasibu.html